家にあるものでレフ板を作ってみました。

こんにちは。


いつも、ご訪問下さり、ありがとうございます。


 


さて、ブログを始めてたったの2週間ですが、写真を撮影する機会がすごく増えました。


それにしても思い通りの写真を撮影するのってすごく難しいです。


少しでもきれいな写真が撮ってみたくなります。


ということで、色々なサイトを見ていると、レフ板を使うときれいな写真が撮れることがわかりました。


そこでは100円ショップで売っているものでの作成方法が紹介されていました。


皆さんにとっては当たり前のことかもしれませんが…


 


レフ板とは、被写体に効果的に光を当てたり、影の部分を明るくしたりするために使うそうです。


レフ板を使うと光が反射して被写体が照らされて、明るく写ります。


白いものや銀色のものがレフ板に適しているということでした。


 


自分でも作ってみようと100円ショップやホームセンターに足を運びましたが、紹介されていたものは見つかりませんでした。


色々考えた末に、家にあるものでも簡単にレフ板が作れることに気づきました。


用意したのは段ボールとアルミホイル、両面テープだけです。


 


完成したのがこちらです。所要時間約5分。


 


実際に我が家のクワガタを撮影してみました。


我が家の74mm久留米です。


 


左がレフ板なし、右がレフ板ありです。 


いかがでしょうか?


もっとこうすればいいのに、とかありましたら教えてください。

スポンサーサイト