2014年度 経過

皆さんこんにちは。


2015年度の割り出し、ボトルの準備、新成虫の掘り出しなど、超多忙(?) な毎日を送っています。


そんな中、久しぶりにやってしまいました。ぎっくり腰 (^_^;)


ここ数日、腰の調子が悪いかな~と思いながらも、放置していましたが、職場で上司のオヤジギャグに吹き出した瞬間にピキッと!


いや~油断していました。無理はいけませんね。皆さんもお気を付けください。


すぐにツムラ68(芍薬甘草湯)を飲みましたが、この薬は本当に良く効きます。


だいぶ痛みは良くなりましたが、2-3日は安静にします。割り出しはお預けですね。


 


さて、新成虫も続々と羽化しています。


久留米の方は期待していた29.9gが、最後に暴れてしまい24gにダウン。結局74mmに終わってしまいました。まあ、これもいい経験になりました、と前向きに捉えたいと思います。


一方、27.5gだったものが、78mm (暫定) で羽化しました。これが2014年度の我が家の記録になりそうです。


今年度は皆さんに譲って頂いた素晴らしい種親達からどんな結果が出せるのか、楽しみながらブリードしたいと思います。


 


最後に南会津産のオス3頭が全て無事に羽化しました。メスは3頭の羽化が確認できましたが、もう1頭はボトル内の様子がわからず、まだ掘り出していません。


オスのサイズは75mm, 72mm, 69mm、メスは46-47mmでした。



福島県南会津産 種親♀ 410 (Tamu-shinさん採集個体)


幼虫時最大体重24.3g


 


写真はうまく撮れていませんね。


10月投入、5月羽化です。いい感じではないでしょうか?


次の世代にどうつなげていくか、楽しみですね。

スポンサーサイト

羽化

皆さんこんばんは。


我が家でも本日、羽化個体がでてきました。


昨日、帰宅してみると、人工蛹室(?)で保管していた蛹のうち、かなり色づいたものがあり、羽化が近いことは容易に想像できました。


しばらく様子を見ていましたが、睡魔には勝てずに、気づくと朝になっていました。



羽化からどれくらい経過したのかわかりませんが、左が出勤前の状態。


まだ、足に蛹の殻がついています。頭部も折れ曲がったままです。


右が約15時間後の状態です。頭部も持ち上がり、色も付いてきました。


他にもボトルの中に羽化個体がいるようですが、しばらくは様子見ですね。


次は、羽化の瞬間を観察したいですね。


 

蛹化

皆さんこんにちは。


だいぶ春らしくなってきましたね。


新年度も始まり、長男、長女はそれぞれ大学と高校に入学しました。


それぞれの夢に向かって頑張ってほしいです。


ほんと、子供の成長はあっという間です。


 


さて、我が家でも蛹化が始まっています。


確認できるだけでも、♀は1/3程度、♂も2頭は蛹化しています。


暴れも結構出ています。


我が家の最大幼虫も暴れてしまい、ボトル交換しました。


29.9g → 24gに減量。既に蛹室を作っています。今回は無事に羽化してくれさえすれば満足です。さて、どんなサイズで羽化して来るのでしょうか? 楽しみです。


他の暴れ幼虫たちはこのまま様子を見ることにします。


 


種親たちはペアリングを終え、ゼリーを食べまくっています。組み合わせは産卵が確認できたら紹介します。


ペアリングは1週間同居、3-5日間休止のサイクルで、各3回ずつ行いました。


顎縛りはしませんでしたが、事故なく終了しました。


とはいえ、心配なので、同居前に相性を確認するためにハンドペアリングを行いました。


その場で交尾が確認できたペアもありましたが、念のため、すべて同居させました。


果たして、うまくいっているのでしょうか?


あと一歩!

我が家、初ブリードの久留米74 x 48mm 幼虫の3本目への交換を少しずつ行っています。


今季は完品羽化、できれば種親越えを目標に気楽にやってきました。


2本目交換時、最大だったのが24g。


皆さんとはとても比較にならないサイズでしたが、我が家の環境の中ではなるべく暗く、振動の少ない場所を選んで、VIP扱いをしておりました。


その幼虫の交換を本日行いました。


広口の蓋を開けると、表面はやや乾燥気味でパサパサしていました。


表面近くの菌糸を取り除くと、中の菌糸はほとんど劣化もなくきれいな状態でした。


ドキドキしながら掘り進むと、ボトルの中心付近に大きな空間があり、それはいました。


今まで見てきた幼虫たちとは明らかに雰囲気というか迫力が違いました。


期待に胸を膨らませ、体重を測ると…



 


 


おしい!!!


あと一歩、30gの大台には届きませんでした。


まあ、でも初ブリードですから、上出来と考えていい、ですよね?


羽化までは気が抜けません。