謹賀新年

オオクワブリーダーの皆様、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。


 


早いもので、1月4日でこのブログを立ち上げて1年になります。


いつもコメントをくださる皆様、コメントはなくともお立ち寄りくださる皆様に支えて頂きながら続けて来られました。


また、昨年、一昨年の品川オフ会、昨年の首都圏久留米党オフ会に参加させて頂き、新たな出会いもありました。


この趣味をやっていなければ出会うことのなかった方々です。


このような出会いはこれからも大切にしていきたいですね。


これからもよろしくお願いします。


 


さて、♂の3本目への交換は終了しましたが、前回の報告を超えるようなものは出ていません。


2本目、緩めに詰めてしまったものは中がスカスカになっていてサイズダウンしているものもありました。菌糸はケチってはいけませんね。


3本目は硬く詰めたつもりでしたが、いかんせん手詰めです。1400ccボトル込みで850g程度にしかなりません。既製品を量ると950gはありました。


やはりプレス機を購入すべきか?迷います。


 


来期の種親は全て冷蔵庫から出しました。


現在19度前後で管理しています。


2か月間しっかり冬眠してもらいましたが、★になったものはありませんでした。


冷蔵庫といえども、外気の影響があるのでしょうか、室温を下げた時に一時氷点下になりました。


途中で設定を弱めに変更したところ、氷が解けて危うく水浸しに(^_^;)


来年は始めから設定を弱めにして温度を下げ過ぎないようにしてみようかと思います。


最初の設定 ↓



弱めた時の設定↓



 


大型血統ブリード挑戦2年目の今年。


まずは当初の目標であった種親を超える個体を羽化させることを目指します。

スポンサーサイト

ご無沙汰しております。

皆さんこんにちは。


 


気が付けば、1か月以上も更新をしておりませんでした。


それでも、毎日どなたかが訪れてくださっていますね。感謝致します。


クワ作業の方ですが、そろそろ2本目への交換準備を進めています。


ほとんどが5月末~6月初めに1本目投入ですので、約3.5か月での交換になります。


初の大型血統ブリード、色んな意味で楽しみです。


しかし、我が家は141頭ですが、菌糸を回すスペースがありませんね。


少し整理整頓をしないといけません。


数多くブリードされている皆さんはどうされているのでしょうか?


 


さて、来季の補強も少しずつ始めています。


来季も久留米を中心にやっていくつもりです。


来季は今年よりも飼育数をセーブする予定です。


順次、ご紹介していきたいと思います。


 


今回は画像がありませんが、これで失礼いたします。

楽しみな季節

オオクワブリーダーのみなさん、こんばんは。


早いもので3月が始まりました。


最近、我が地方でも暖かい日が続いていたのですが、今月に入り、また冬に逆戻りです。


 


我が家の飼育部屋の温度は現在20-21度を目指して管理しています。しかし、気温だけでなく天気によっても室温が結構変わりますね。油断すると2-3度ぶれてしまいます。


冷し虫家の方は22度設定でセンサー温度22度、比較用に入れている温度計で21度となっています。


庫内の1日の温度差は0.5度以内で推移しています。これから徐々に温度を上げていきます。


冷し虫家には25g以上の久留米幼虫(小さいな~)と南会津産の最大幼虫24.3gを入れて管理しています。あまり沢山は入れていません。果たしてうまく蛹化、羽化してくれるのでしょうか?


 一方の種親達は全て覚醒し、エサも食べ始めています。


 産卵セットの準備も少しずつ始めました。


 


いよいよ楽しみな季節がやってきます。