楽しみな季節

オオクワブリーダーのみなさん、こんばんは。


早いもので3月が始まりました。


最近、我が地方でも暖かい日が続いていたのですが、今月に入り、また冬に逆戻りです。


 


我が家の飼育部屋の温度は現在20-21度を目指して管理しています。しかし、気温だけでなく天気によっても室温が結構変わりますね。油断すると2-3度ぶれてしまいます。


冷し虫家の方は22度設定でセンサー温度22度、比較用に入れている温度計で21度となっています。


庫内の1日の温度差は0.5度以内で推移しています。これから徐々に温度を上げていきます。


冷し虫家には25g以上の久留米幼虫(小さいな~)と南会津産の最大幼虫24.3gを入れて管理しています。あまり沢山は入れていません。果たしてうまく蛹化、羽化してくれるのでしょうか?


 一方の種親達は全て覚醒し、エサも食べ始めています。


 産卵セットの準備も少しずつ始めました。


 


いよいよ楽しみな季節がやってきます。


 


 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

大型血統挑戦前の2010年度(2011年羽化)
といった4年前の今頃を思い出します。^ ^
虫家組みとの菌糸状態の違いなどを
チェックされておくと今後に繋がると
思います。

チョネさん

おはようございます。
温度管理による菌糸状態の違いですね。
気を付けてチェックしてみます。
アドバイスありがとうございます。

初心者ですので、試行錯誤しながら腕を上げていくしかないですね。
ワクワクします。

こんにちは!

虫家のエース幼虫達、楽しみですね♪
種親たちは覚醒済みですか。今年の働きがこちらも楽しみですね♪うちはぼちぼち起こし始めようかなと思っています。

くわがたの里さん

こんにちは!
虫家の幼虫たちは今のところ暴れもなく、菌糸の状態もよさそうです。無事に羽化してくれるか、楽しみです。
くわがたの里さんのところもそろそろ起こし始めますか?
どんな働きをしてくれるのか、楽しみですね!